クリーバル社長の“目指せ社会起業家”

アクセスカウンタ

zoom RSS なでしこ強し

<<   作成日時 : 2018/02/28 16:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




始まる前の心配は、終わってみれば杞憂だったようだ。
感動する場面の多いオリンピックだった。
始まってしばらくはヤキモキしたが、
どうも羽生選手の金が勢いをつけたような気がする。
日本チームとして、まずは最低限の義務が果たせた、
という雰囲気をもたらせたのだろうか、
それ以降は安心感のような中で、
競技に集中できていたような気がする。

今回は特に、作戦という言葉がキーワードだったように思う。
羽生選手のフリーの構成はショートの結果と体調を考えてのもの、
スピードスケートのパシュートでは先頭入れ替えタイミングを工夫、
マススタートでは最後に賭ける作戦、
そしてカーリングはゲームを通して作戦だ。
これまでの努力に裏打ちされた実力と、
その場、この状況、に応じた作戦とが噛み合ってこそ、
勝利を近づけたのではないかと思う。

ところでカーリングの作戦、戦法と言えるのかも知れないが、
まだまだ開拓され尽くしていなさそうだ。
ビリヤードまがいの複雑なクッションを利用したり、
ストーンを思いっきり回転させるなど、
いろいろ工夫による技が出てきそうだ。
バレーボールで言う時間差とかバックアタックとか、
こういう戦法を編み出すのは日本人が得意な分野だ。
これからが楽しみだ。

それにしても、女子の強さは今更ながら感服する。
なでしこたちの頑張りに感涙の多かったこと!

「意思決定、みんなでそだねー、石任せ」



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なでしこ強し クリーバル社長の“目指せ社会起業家”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる