最初の方しか読まない

メールでのやり取りはビジネスには欠かせないが、
送ったメールが数行になると、
後半の部分が見逃されることが多い。
そこに依頼事項や問い合わせを記載した場合、
確認や再依頼のために更なるメールのやり取りが必要になり、
2度手間3度手間になってしまう。

心なしか、若いビジネスマンとのやり取りの時が多いように思う。
SNSの影響、特にLINEの影響が大きいのか。
LINEやTwitterのようなチャット系の媒体は、
短文のやり取りを繰り返すコミュニケーションが前提で、
1回のやり取りで完結するのはむしろ例外なのかもしれない。
その文化でビジネスのeメールのやり取りを行う。

方や、ビジネスレターの時代を生きてきた人間、
基本的には1回のレターの中に、
全て誤解のないように盛り込むことを躾けられてきた。
その前提でeメールを使っている。
文化背景が違う二人が、同じ媒体で交信しているのだ。
なかなか噛み合わないし、お互いにストレスになっているはずだ。

冒頭の問題は、これである程度説明がつく。
何行にも渡る文章は、そもそも読まれないのだ。
そう理解して気を付けなければいけない。
それにしても、ビジネス的な事故は起きないのか、
よけいな心配はしてしまう。

「文末の、敬具の価値を、再認識」



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック