困ること

夜遅めの時間が特にすごいのだが、
到着駅の階段を駆け下りるスピードがものすごい。
私も多少は急ぎたいが、足がおぼつかなくなるのが怖いので、
あまり急がないようにしている。

速い人は風林火山の風以上の疾風の如く、
ダーッと音を立てて行っちゃう感じだ。
中には2段3段飛びで降りて行く強者もいる。
いつか怪我するぞっと心の中で思っているが、
なかなかどうしてそうはならない。
むしろ、どうなるかを見ながら降りるこちらの方が、
足を踏み外しそうになったりして危なっかしい。

バスやタクシーのつなぎがある駅ではないのに、
なぜそんなに急ぐのだろうか。
ゆっくり降りている人をあまり見かけない。
ゆっくりしていると、急ぐ人の邪魔になりそうで、
申し訳なく思う心があるからか。
私も邪魔になりたくないし、のろまなヤツと思われたくない。
確かにそういう気持ちで急ぐこともある。

そのため、前を行く人がそこそこのスピードだと、
ついて行けば流れに乗っている感が有るので安心だ。
あまりゆっくりでなく、いい感じのスピードの人を探すのだが、
遅い時間はほとんどが“ダーッ”タイプだ。
「階段ぐらいゆっくりしましょうや」と思いながらも、
今夜も周りに合わせている私がいる。

「階段で、走る方向、下りのみ」


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック