文才は女性?



直木賞候補が全員女性だとか。
芥川賞候補も女性の方が多いらしい。
文才もなく読書量も多くない私にはよく分からないが、
オトコの一人として何となく寂しい。

文学の世界はよく分からないが、
私が好きなコラムやエッセイの世界では、
女性の文章は非常に分かりやすい。
文章が分かりやすいからか、
その視点や感性に感心させられることが多い。
すなわち理解しやすい

文学作品でもスッと読める本と、
難解で同じ行を何度も行き来する本がある。
直木賞の対象は大衆小説らしいので、
分かりやすい方が有利のような気がする。
そうだとしたら、女性が有利なのかもしれない。

話題が飛ぶがついでに一言、
文学と言えば、ボブ・ディランがノーベル賞をとる時代、
ブログにも何か賞ができないかな。
一つ一つでは短すぎるので継続的なブログ群でも良い。
賞が欲しいわけではないが、ちょっとは励みになる。

「ブログでも、続けりゃそのうち、何か有る!?」


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック