なぐり書きができない


スマホやタブレットがいつでも使える昨今、
ちょっとしたメモや覚書用に重宝している。
ToDoやブログネタの記憶には持ってこいで、
私はほぼ毎日お世話になっている。

ただどうしてもカバーできない用途がある。
一気にいろいろな考えが浮かんでくる時などのメモ、
これは紙切れになぐり書きしないと追いつかない。

スマホやタブレットに入力しようとすると、
入力スピードに比べ書きたいことの湧き出しが速く多くて、
最初の方の項目を入力しているうちに、
後の方の項目を忘れてしまう。
せっかくの湧き出し(アイデアなどが多い)が消えてしまうのだ。

入力の速い女子たちも、
なぐり書きには勝てないだろう。
なぐり書きはちゃんとした言葉でなくいい加減で良い。
後でゆっくりまともな言葉に直せば良いのだ。
思い出せるように書き留めれば良い。
これがなぐり書きだ。
紙と鉛筆はすごい。人類最大の発明だ!

「なんだこれ、なんて書いたか、読めないよ」


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック