いろいろ教えてもらった



竹村健一さんが少し前に亡くなった。
幅広い考え方ができる知識人だったと思う。
「日本の常識は世界の非常識」に代表されるように、
日本人の考え方を戒める発言が多かった一方で、
元気付ける発言も多かった。

日本の借金は今は1000兆円を超えているが、
300兆余りだったころから危機が叫ばれ、
日本の将来を悲観する論評が多かった。
竹村さんも当然批判はするが、一方で、
一日当たりのGDPを引き合いに日本の底力も合わせて説いた。

当時の年間GDPは300兆円を超えており、
日本人が真面目に一年間努力すれば返せる借金だと。
悲観するだけではなく自信をもって努力すべきだ、
というような解説だったかと記憶している。

私が特に影響を受けたことは2つ。
“ノーブレスオブリージュ”という言葉と、ものの見方だ。
この2つは、当ブログでも引用させていただいた。
前者は行動の規範やソーシャルビジネスへの想いに繋がり、
後者は、ものごとを別の角度から見てみる癖がつき、
ちょっと待てよと一呼吸置いて考える習慣に繋がっている。

もう少し竹村さんの見識に触れていたかった。

「だいたいやね~、政府財界、メッタ切り」

0

この記事へのコメント