こんなところで買ってたまるか



ギフト券が少し貯まってきたので、
東京駅に直結の老舗のデパートに寄った。
格式張った感じが好きでない私、
居心地は悪かったが我慢して目的の売り場へ。
あれこれ悩んで見定めた末に、
気持ちを動かされた一品に絞り、
店員にちょこっと質問した。

「耐水性はありますか?」
“お・も・て・な・し” は期待しないが、
普通の愛想よい応対ぐらいは期待できるだろう。
と思いきや、何か地雷を踏んだのか、
「ありませんよ、撥水だけですから‼」
以上、終了。
これ以上会話は続かなかった。
買う気にもならず、そそくさと引き揚げた。

店員の態度はいかにも横柄に感じられた。
そういうつもりではないかもしれないが、
客の立場の私には、横柄に感じた。
面倒くさそうな態度にも思えた。
デパートの苦戦が伝えられる昨今、
これでは、さもありなんと。

このデパートには立派な理念があるに違いない。
だが店員の態度には引き継がれてない。
「仏作って魂入れず」とはこういうことかと、
嫌な気持ちにはなったが、大変参考になった。

結局、通販で買うことにした。
ギフト券はそのまま持ち越しになった。

「デパートは、地下だけあれば、用は足り」

0

この記事へのコメント