カタカナ企業




日経を購読していることもあり、
企業名には割と馴染んでいる方だと思う。
ところが最近は、聞いたこともないカタカナ名の企業をよく見かける。
新興企業が多いようだが、上場企業でも、
経営統合や会社名を刷新したケースもあるようだ。

そういう我社もご多分に漏れず、ではある。
我社の名前はカタカナで5文字、ローマ字表記では6文字だ。
結構あれやこれや考えて決めたつもりだ。
まず想いを込めること。
“新しい価値を創造する”
という経営方針を想起させる名前であること。
更に、短く、読みやすく、覚えやすく、
できるだけ早い順番になるようにと。

最後の“早い順番”に少々解説を加えておく。
アイウエオ順とABC順のことだ。
何かにつけて早い方が良いだろうと考えた。
ただし、先頭はちょっと避けた。
万一発言などの機会があると、真っ先に発言を求められるからだ。

以上を総合的に満足する名前として、「クリーバル」と名付けた。
カタカナでは意味が分かりにくいが、
ローマ字表記の「CreVal」はそのままロゴにしており、
“Create Value”を組み合わせたものだ。
カタカナでもローマ字でも、
新聞や雑誌にドーンと載るような会社になれたら良い。

「10年後、果たして名前は、売れてるか」

0

この記事へのコメント