10年で500回になりました

2010年から始めたブログが今回で500回になった。
無事これ名馬なら良いのだが…
区切れが良いところで、
ブログのテーマ「目指せ社会起業家」に立ち返ってみたい。

我社は社会貢献事業を立ち上げることを大きな目標として起業した。
とは言え、なかなかどうして道は遠い。
現在はちょっと考えを変え、自分(の会社)で直接手掛けなくとも、
社会貢献事業に取り組んでいる人を支援したり協力したり、
背中を押してあげることから始めることを目指している。
考え方が変わったというより、実現手段は柔軟にということだ。

目標の実現手段の変化に伴い、
そこに至るアプローチ方法も異なってきている。
自社で事業を立ち上げるのであれば、会社の相応の体力が必要だが、
支援の立場に回るのであれば、そのやり方にもよるが、
身の丈に合った規模の支援ができるのではないか。
それなら、今からでもできることから始められるのではないかと。

世の中に役立つ活動を増やし仕組み化する。
この理念はブレることなく、途中のプロセスは柔軟にしようと思う。
今は大変な時期で、ご多分に漏れず我社もピンチだ。
ピンチだがチャンス、前向きに捉え楽しむぐらいの余裕を持ちたい。
もちろんしっかりとした戦略は欠かせない。
会社を存続&拡大させつつ、ブログも1000回を目指したい。

「ピンチピンチ、チャンスチャンス、ランランラン」

カラオケから遠ざかって

コロナのせいでカラオケに行けない。
去年の納会が最後なので、もう半年以上行ってない。
この先もまだまだ当分ダメだろう。
YouTubeで一人カラオケをしてみたところで、
味もそっけもない。
聞いている(フリでもよい)人が居てこそだ。

いつか行ける日を楽しみに、ちょっとカラオケ談義を。
カラオケでは、自分が歌い終わったとたん次の選曲に入る。
選曲で精一杯なので、人の歌を聞く余裕がない。
いや、余裕が有ったとしても聞く気が無い。
歌い終わったタイミングで愛想拍手をしておけば良い。
これがカラオケの掟だ。

それはそうとして、多少は大人になった立場でふと思う。
世代が入り混じったメンバーでカラオケに行けば、
自分の知らない最近の歌や守備範囲外の歌も聞ける。
が、ほとんど真面目に聞いた記憶がない。
そのくせ、最近の歌はわからないとぼやく自分がいる。

考えてみればカラオケの場は、レパートリーを増やすチャンスだ。
知ってる歌だけ歌って気持ち良くなっても進歩はない。
せっかくのチャンス、次の選曲はさっと終わらせ、
人の歌をできるだけ聞き、覚えようと思う。
今度行った時は頑張ってみたい。
忘れなければだが。

「そりゃないよ、続けて二曲、入れるヤツ」

お陰様で12期へ

我社、7月から12期に入った。
まずはお客様やパートナー会社の皆様に御礼を申し上げたい。
期の区切りに際しいつものように、
前期の振り返りと今期の抱負を簡単に触れたい。

①11期を振り返って
総括的には、残念ながら売上目標には届かずも、
そこそこの利益が残った。
これは特殊要因に依るものではあるが、
初めて賞与を少しばかり出すことで、
社員の頑張りにいささかでも報いることができた。

本業の伸び悩みの他は、
期待していた新領域への参入に失敗、
何件か新事業の可能性を追うもほぼ立ち消えなど。
いずれもコロナ禍が…と言いたいが、言い訳はしない。
一方で良いこともあった。
当社にとって初の“大型”受託を、曲がりなりにも完遂したこと。
また、新しいスタッフが加入し私を支えてくれていること。
我社の運営サイト「ぬくもりひろば」も、
彼女が面倒を見てくれている。

②12期に向けて
まずは何と言っても、届かなかった売上目標への再チャレンジだ。
それにはどうしても社員の増強が必要と思っており、
社員採用に本腰を入れたい。
社員が仕事に就けないリスクを減らすために、
事業の柱を1本でも2本でも増やす。
PATENT戦略もその一つ。無い知恵を絞って特許を出し続けたい。
10件出せば1件ぐらいはモノになるかも知れない。
前述の「ぬくもりひろば」も、形はともあれ何とか活かしたい。
近々リニューアル予定なのでご期待願いたい。

以上、今回は落ち無しで。

「走れども、走れど進まぬ、ぬかるみで」

働き者の店員さん

1)
とあるスーパーでの人間ウォッチ。
レジの数は少ない中で、いつも行列が長いレジがある。
働き者の感じの良い店員さんのレジだ。

2)
他のレジはと言えば、いささか動きの重いおばちゃんとか、
愛想の良くないおねえさんだったり。
これらレジ、すいていても人気がない。

3)
行列が長いレジの店員さんは、時間が空くと、
かごの片付けなど出来ることを探している。
休む間もなく何かしている。

4)
できることを探しているから、余計忙しくなる。
それでもスタイルを変えない働き者の店員さん、
見てて気持ちが良いからついつい並んでしまう。

今回、話題も手ごろだったので、
ちょっと前に実施を予告した「4コマブログ」をやってみた。
結構難しかった。
手ごろな話題の時に、たまにやってみようと思う。

「そうは言え、本音を言えば、さぼりたい」