ポインターの使い方が気になる

プレゼンテーションの基本として学んだポインターの使い方。
私自身もいろいろな機会で経験してきた。
自分がうまいとは全然思わないが、
どうもニュースや天気予報での動かし方が気になる。

ポイントする先が定まらずイライラするケース。
説明と全然違うところを示すケース。
持ってるだけで動作が小さく、ほとんど使っていないケース。
などなど。

問題がありそうなところを考えてみると、
・視聴者の意識がポインター先に誘導されることに留意してない
・ポインターの差し示す場所を自分からの目線で決めている
・そもそもポインターの役割を意識してない
などが考えられる。

なので、改善するとすれば、
その1、説明している個所に静止させること
その2、プレゼンターと視聴者とで目線の角度が違うこと
その3、ポインターを使わない場面では視聴者の視野から隠すこと
などを意識することではないかと思う。

人に伝えることが使命なら、
伝えるツールもしっかり使いこなして欲しいなと思う。

「晴れという、ポインターの先は、雨マーク」