比較が習慣化

ネットショップはもうなくてはならないツールだ。
ツール以上の社会インフラかも知れない。
昨今のコロナ禍では、まさに重要インフラだ。
日常必要なもの以外はほぼネットショップ頼みだ。

そのネットショップにおいて、
別の意味で重要インフラと思えるのが価格比較サイト。
欲しいものを特定のECサイトだけで購入する人は少ないだろう。
価格.comなどでの比較は必須だ。

何を購入するにもとにかく比較し、
えらく時間がかかることもしょっちゅうだ。
だが少しでも安くと思えば、避けてはいけない手順だ。
購入手順に組み込まれた、言わばルーチン化された手順だ。

このルーチン化は時には非効率ももたらす。
冷静に考えればほとんど意味が無い場合も、
比較サイトを経由してしまう。
例えば数百円の購入の場合でも機械的に比較してしまう。
日常生活では“時間”はお金で計算できないが、
よく考えてみれば、時間の方がもったいない。

これをロボットかAIスピーカーがやってくれたら嬉しいのだが。
うちの会社で作っちゃおうか…

「人生を 賭けて、安値を 探す我」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント