年賀メール

11月頃から、ちらほらと届きだした喪中ハガキ。
そろそろ年賀状を書かなくてはという気にさせてくれる。
私は昨年から概ね年賀メールに切り替えたが、
アドレスが分からない何人かにはハガキ年賀状を続けている。

はたと思ったが、喪中ハガキを頂いた相手には、
年賀メールはどうしたもんだろう。
年賀は年賀なのでまずいだろうと、
昨年は年賀メールも送らなかった。

私の年賀メールの形式は、
テキスト文に絵をPDFで添付する形としている。
テキスト文の文面を賀詞にせず、
PDFも添付しなければとも考えたが、
それでは普通のメールと変わらなくなってしまう。

そう考えると、結局今年も喪中ハガキの相手には、
年賀メールは送らないことになりそうだ。
しかしてこの喪中ハガキ、
年賀メールが大勢になっても残るのだろうか。
簡単には慣習は終わらないのかも知れないし、
喪中メールに変わっていくかも知れない。

「ねえハガキ、わたし(ハンコ)の気持ち、わかるよね」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント