忘れっぽいな

メモを取れと会社では躾けられた。
当たり前と言えば当たり前、
人間は忘れるようにできているから。
手帳にはその時その時のメモが残っている。
その場で書いたものも、後から思い出して書いたものも。

接待のような場面でメモを取れない時は、
一生懸命記憶してトイレに行ったときなどに、
一気に手帳に書いたものだ。
それもできない時は、とにかく記憶に努めたものだ。
何年も前のことでもそれなりに覚えている。

我々一般人がそうしているように、
官僚も政治家も、相手が重要人物の場合ほど、
必ずどこかにメモをしているはずだ。
そうしない人たちは、
今のポジションには居ないはずだ。

「記憶にない」という言葉が溢れる昨今、
逃げ口上なのは誰の目にも明らかなのだが、
偽証せずに逃げ切る手段なのだろ。
だから始末に負えない。
お偉いさんたちの“忘れっぽさ”が目に余る。

こういう人たち、後年、忘れたはずの記憶が鮮明によみがえり、
回顧録などで詳細が明らかになるのだろう。
今から手帳を見ればよいのに。。。

「手帳見たら、読めないとでも、言うのかな」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント