ちくしょうめっ!

某公益法人に出向いて、事業に関する相談に行ってきた。
中小企業に寄り添って、親身にアドバイスしてくれるとのことで、
かなり期待して臨んだ。

名刺の渡し方が片手で配るような感じで、
冒頭からちょっと違和感を感じた。
まぁ気を取り直してと、用意したレジュメをアクリル板の窓から渡すと、
触りもせずに遠くから眺めるような感じ。
それでも気を取り直して一通り説明した。

そこからコメントが始まったのだが、完全な上から目線。
この辺りで少々切れ気味の私だったが、
そこは同行してくれた支援者の手前、押さえて押さえて。
記載事項や質問には全て否定(と言っても過言でない)。
こちとらもう半分諦め、時間の無駄を意識。
いつの間にか、前かがみから背もたれにのけ反る形に。

早く帰したい的な対応で終始するかと思いきや、
最後になって、相談員が開いている事務所で支援可能だとか。
なんだ、ここを言いたいための手順かよ!
確かに後でネットで調べたら、何とかいう事務所を開いてた。
もちろんこんな方の事務所にお世話になる気はさらさら無い。

それにしても、小さな会社の気の弱い社長なら、
二度と行くまいと思ってしまうだろう。
私も同じ「小さな会社の気の弱い社長」ではあるが、
負けずに別のところにも当たってみようかと思う。
でもやっぱり優しくアドバイスしてくれる人がいいな。

「相談に、あの態度って、ありなのか」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント